女性の方へ

「整骨院には行きづらい」と思ってらっしゃる方はいませんか?

府中えにし整骨院では、女性スタッフが常に在勤しており、お子様とご一緒に来られる方も多くいらっしゃいます。また、院内の清潔感やBGMにも気を配り、リラックス空間を提供できる院を目指しております。

冷え性や脚のむくみ、生理痛など、女性特有のお悩みを抱える方は少なくありません。
また妊娠中は腰に負担がかかりますし、お腹が大きくなるため、脚の付け根がむくんだりだるくなります。
妊娠中や産後間もなくは整体を受けてはいけないと思っていらっしゃる方もいますが、決してそのようなことはありません。

他にも、特に子育て中は、だっこやおむつ替えなど、腕や肩、腰を痛めやすいですが、お子様を預けられないため治療に通えない、という声もよく聞きます。

当院ではお子様連れでのご来院が可能です。女性スタッフと育児経験のある院長が、母子が安心して施術が受けられるようサポートいたします。

女性特有のお悩み

女性の方は冷え症やむくみ、便秘など体質のことでお悩みの方が多くいらっしゃると思います。
当院では「バキバキボキボキしない・痛くない・怖くないノーリスクハイリターンな整体法」で骨格矯正を行っております。
骨格矯正することで冷え症や便秘、生理痛・生理不順などの体質改善が出来ます。
身体の弾力、骨盤の弾力を取り戻すことが女性特有のお悩みから解放される鍵となります。

また、猫背・O脚などの姿勢改善、家事や育児などによるしつこい肩こりや腰痛、慢性的な疲労・ストレス解消などにも効果的です。

どこに行っても治らなかった身体の痛み・ツラさがあれば是非一度私たちにご相談下さい。

<患者様に多いお悩み>
  • 産後のスタイルが気になる
  • 産後太りやすくなった
  • 家事・子育てによる慢性的な肩こり・腰痛
  • 便秘・O脚・X脚
  • 猫背などの姿勢改善
  • 冷え症などの体質改善
  • 運動不足解消して引き締め効果

産前のマタニティケア

今、注目されているマタニティケア。

身体がツライけれど妊婦だからガマンするしかない。と思われている妊婦さんが意外に多いようです。
お母さんやおなかの赤ちゃんを最優先に考え、ビックリさせるような無理な治療をしなければ大丈夫です。
妊婦さんを『うつぶせ』にする、『強い力でもむ』などの施術は致しません。

お母さんとおなかの赤ちゃんがリラックスできるよう治療しますのでご安心ください。
また、安定期に入ったら骨盤まわりの筋肉の運動や体操をして、よりスムーズな出産ができるように導きます
妊娠中に身体を整えて、リラックスした楽な気持ちで出産に臨めるように全力でサポートします。

施術の料金案内はこちら

<安産になるための必要条件>

  1. 1子宮を高い位置に保つ
    子宮と膣との角度を直線に近いものにすることです。そのためには『妊娠後期になっても子宮を高い位置に保つこ と』が大切なのです。妊娠中から骨盤が広がっていると子宮が下がり、下腹ばかりが膨らんでしまいます。このような状態になると子宮と膣と の角度が鋭角となり、難産の可能性を高めてしまいます。
  2. 2仙腸関節と股関節の柔軟性をアップ
    出産のとき、仙腸関節が左右5ミリ程度開いて大部分を担い、恥骨結合は補助的に3~5ミリ程開きます。短時間での出産を可能にするためには仙腸関節の 柔軟性をつける必要があり、そのためには股関節も柔軟性を良くしておくことが不可欠なのです。
    昔から『お尻の大きい女性は安産』と耳にしますが、骨盤は出産の時だけスッと開けば良いのであって常に開いている必要はないのです。骨盤は広がっているよりも逆三角形の方が胎児を下からキュッと支えることができ、妊婦さんにも胎児にとっても楽なのです。『骨盤は広いことが良いのではなく、柔らかいこと』が安産の決め手なのです。
  3. 3内転筋と恥骨の柔軟性をアップ
    内転筋群は坐骨から恥骨に付着しているため、この筋肉が短縮して硬くなると恥骨を引き下げてしまい、分娩時に 恥骨結合が前方に開くことを妨げてしまいます。また、産後に恥骨が閉じる際にも内転筋が恥骨を引き下げて、左右の恥骨がズレた状態で閉じてしまいます。このため内転筋の柔軟性をつけることは、出産による恥骨の開閉を正常に行うための重要な条件なのです。
  4. 4排便のリズムを整える
    陣痛は排便反射と共通の副交感神経を使用しています。陣痛の神経システムが全く独立したものであるならば、人生で数回しか使わない神経となってしまうので、出産時に妊婦さんがどう対処して良いのかわからずに精神的に動揺してしまいます。しかし、 陣痛が排便と同じ神経システムだと理解しておけば、正しい排便法を体得してイメージをつかんでおくことで心に余裕を持って出産に臨むこと ができます。

産後のマタニティケア

産後の骨盤のゆがみや、ホルモンバランスの崩れ等で産後に体調を崩す、太りやすくなった、スタイルが気になるという声を良く聞きます。身体にゆがみが生じると、頭痛やめまい、肩こりや腰痛…様々な症状が現れます。当院では産後の方向けの骨盤矯正を行っております。
また、当院独自のストレッチ法や自宅で簡単に出来て効果的な体操、日常生活動作の注意点もお教えしていますので運動不足の解消やスタイル改善、身体の引締め効果も期待できます。
お子様をご出産された後のケアを忘れずにしましょう。
当院は小さいお子様連れ大歓迎です。私たちスタッフが出来る限りサポートさせて頂きます。

育児・家事は前傾姿勢ばかりで身体を後ろに反らす動作が圧倒的に少ないです。
また、同じ方ばかりを使いがちです。使い過ぎると疲労がたまり、疲労が蓄積されると痛みに変わります
しかし育児は思い通りにいかないことの連続です。
身体に悪いと分かっていながらもやらざるを得ないことばかり
抱っこ・授乳・添い寝…
じゃあどうすれば今のこの辛さから解放されるの?治療を受けて楽になった状態を維持できるの?
答えは、反対でできることは反対でやる。という意識を持ちつつ、同じ方を使い過ぎたり、前傾姿勢が続いて筋肉が硬く縮んでしまったのであれば伸ばしてあげましょう。使ったら使いっぱなしにしないで、ケアするクセをつけること
私たちはそのケアの方法をお伝えします。

骨盤が開いたまま…体重が戻らない…以前はいていたパンツが穿けない…恥骨が痛い…尿モレが心配…
私たちの骨格は呼吸と連動して開いたり閉じたり動いています。骨盤ベルトなどで締めつけてしまうと、見た目は戻っても本来の機能を失った可動性の無い硬い骨盤になってしまいます。そうなると生理痛が重くなったり更年期障害などの婦人科系 のトラブルを生じやすくなります。
見た目も、機能も良い状態に戻すのであれば、自ら身体を動かして自分の筋肉を使い、自分の筋力で支えてあげられる身体にしましょう。そのために少しの努力は必要です。
出産は今までの身体をリセットするので、産後の肥立ちを上手に過ごせば理想的な身体を手に入れる絶好のチャンスです。

生活習慣を変えて正しい運動習慣を身につければ身体は必ず変化します。
ママの元気は家族のエネルギーです。健康で痛みのない身体になって育児ライフをエンジョイしましょう。

施術の料金案内はこちら

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 東京都府中市府中町2-5-7 ステーションビューロアール府中1階 受付時間 平日 9:00~13:00 15:00~20:00 土・祝 9:00~17:00 定休日 水曜日・日曜日
  • HPを見たとお伝えいただければスムーズです 042-363-6336
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
  • 料金案内
  • スタッフ募集
  • Facebook
  • 料金案内
  • スタッフ募集
  • Facebook