整骨院について

整骨院とは

整骨院とは

「整骨院」や「接骨院」と呼び方は違いますが、呼称が違うだけで業務内容は同じです。国も認めている我が国伝統の民族医療を施す場所のことをいいます。

整骨院・接骨院では「柔道整復師」が、骨折や脱臼・捻挫や打撲・筋肉やスジなど、ケガをした患部に注射や内服薬を使用せず、主に柔道整復術(マッサージ・物理療法・運動療法・冷罨法・温罨法など)によりケガをした箇所の治療をします。

人は誰でも、自分で治す力(自然治癒力)という素晴らしい能力を持っています。
その能力を最大限に引き出し、回復力を早めるように施術を施すことが整骨院・接骨院の最大の特徴といえるでしょう。

薬を使わずに自然治癒力を活かすことができる医療分野の役目を担っているのが、整骨院・接骨院なのです。(※)
※ケガの内容によっては、薬や手術をした方が早く回復するケガもありますので治療前にご相談ください。

 

柔道整復師について

厚生労働大臣が認可した柔道整復師の免許を取得

一言でいえば、柔道整復師とは「国家資格を持つ先生」の事を言います。
整骨院・接骨院、または病院やクリニックで柔道整復術を行うには、厚生労働大臣が認可した柔道整復師の免許を取得しなければ出来ません。

医師同様に国の認可(国家資格)を有し、高度な医学的知識を身につけた資格者です。
整体やカイロプラクティックのような民間の資格とは大きく異なります。

柔道整復師の仕事

柔道整復師とは「ケガを治すスペシャリスト」

柔道整復術とは急性外傷(骨折・脱臼・捻挫・打撲)に対する応急処置をはじめ、リハビリから完治までを一貫して施術できます。

柔道整復術の最大の特徴は、豊富な「手技」にあります。

医師は、診察による理学所見とX線(レントゲン)やMRI等の検査をもとに診断し、症状や病態にあわせて投薬・注射・手術・リハビリテーション等で治療します。

柔道整復師は、レントゲン撮影、薬の処方、注射、手術を行うことはできません。
代わりに、聞く(問診)・見る(視診)・触る(触診)・動かす(動診)など様々な検査方法を駆使して痛みの原因を探ります。その診断結果に合わせて「手技」を中心に(場合によっては理学療法や運動療法を用いて)治療することを得意としています。

また、医師は基本的に痛みが出ている箇所を検査して、局所の治療を行うことを得意とするのに対し、柔道整復師は何故ここの箇所に痛みが出ているのかということを、患者様の仕事内容・運動習慣・生活習慣・食事習慣などをしっかりとヒアリングして、身体の局所だけではなく、身体の全体を見て総合的に診断・治療を施します。

患者様の話に耳を傾け、実際に患部に手を当てる「手当て」こそが柔道整復師の腕の見せどころなのです。

整形外科と整骨院のどちらが良い悪いではなく、それぞれ得意分野があります。
当院で診察の結果、医師に診ていただいた方が良い場合は医師への紹介状をお渡ししています。
これまで病院や整形外科で治療を受けてきたけれど、なかなか痛みが取れないという方は、一度、整骨院で柔道整復師による施術を受けてみてはいかがでしょうか。

府中えにし整骨院では、施術を行うスタッフ全員が、この柔道整復師という国家資格を有しています。

柔道整復師の歴史

そもそも柔道整復師の行う柔道整復術とは日本古来より伝わる独自の技術であり、その由来は戦場で使われていた「活法・殺法」だと言われています。

皆様は「ほねつぎ」などといった言葉を聞いたことはありませんか?
これはまさしく日本独自に発達してきた技術の名残です。

医療などなかった時代から「ケガを治す」といった日本古来の技術が継承され、その後に西洋医学との融合で現在の柔道整復術が確立されました。

現代医療においては西洋医学がクローズアップされがちですが、柔道整復師が行う施術の中には東洋医学の良いエッセンスも沢山含まれています。

柔道整復師の働き方

一般的に柔道整復師は整骨・接骨院、整形外科などで働く事が多いです。また、高度医療知識を有した国家資格者であるといった特性から、厚生労働大臣が認可する大学や専門学校での教諭、スポーツトレーナー、介護施設・特別養護老人ホーム・高齢者専用住宅など、幅広く活躍することが可能です。

医師同様に独立開業ができることから自ら整骨・接骨院を開院することも出来ます。
また最近では積極的に海外へ進出する柔道整復師も少なくありません。

時代の流れと共に柔道整復師の働き方や活躍の場もグローバル化になってきたと言えるでしょう。