ブログ

2019.08.05

パワーポジションを身に付ける☆Part2

みなさんおはようございます!!

府中えにし整骨院は今日も元気に診療してます\(^o^)/

今日は世界ビールデーです!

アメリカ・カリフォルニア州で開始された記念日だそうです。

 

今回ご紹介するのは、前回に引き続き…パワーポジションを身に付けるです!

日本人は畳に座る生活習慣から、太もも(大腿四頭筋)の力で

立ち上がる癖がついていて、膝への負担も大きいです。

パワーポジションは、膝の故障を減らし体幹部から

股関節、膝、足首を連動させるしなやかな動作をもたらします!

 

~両腕の重さを利用してパワーポジションを作る~

 

パワーポジションを身に付けるためのファーストステップです。

椅子から立ち上がるという簡単な動作で、身体の使い方を学びます!

 

NG動作をチェック!

 

椅子から立ち上がる動作では、日本人のほとんどの人が大腿四頭筋を使おうとしています。

この動きは、スポーツの動作にも影響し、脚の疲労を早め、膝への負担を高めてしまいます。

 

~腕の補助を使わずにパワーポジションを作る~

 

セカンドステップは、腕をスキージャンプのアプローチのように

体側に沿って後ろに構えて立ち上がる練習です!

腕の重さが使えない分、難易度が上がります。

 

~片脚を伸ばす高難易度の姿勢でパワーポジションを作る~

 

サードステップは、さらにレベルが上がります。

片足だけで、太ももの力を使わずに腰を上げることができれば、

パワーポジションを自在に作ることができます!

ぜひ、ご家庭で行なってみてください(^O^)